立地企業ご紹介

Case Studies

株式会社天狗堂宝船

菓子の製造・販売

インタビュー回答:代表取締役 千葉 仁

08

北海道生まれの「きびだんご」で日本中に「おいしい」笑顔を届けたい

まずは、主な製品について教えて頂きたいのですが。

主な製品はきびだんご,こんぶ餅などの餅菓子です。どの製品も,きびだんごをベースに製造しています。弊社のようなきびだんごを製造している会社は全国で3社だけなんですよ。「きびだんご」とは言っても、岡山県名物の餅粉やきび粉を用いた羽二重餅のきびだんごではなく、北海道開拓の際の屯田兵の携帯食に由来したものを北海道では「きびだんご」と言っています。天狗堂宝船の製品は、砂糖、水あめ、小麦粉、餅粉、あん、などを原料でつくられている北海道生まれのロングセラーのお菓子です。

製品はどこで購入できますか。

全国の大手スーパーや各地域のスーパー、生協等、又はセブンイレブン、デイリーヤマザキ等のコンビニで購入できます。製品の約6割を本州に出荷しています。

函館地域に立地した理由やメリットは何でしょうか。

以前は操業していた、工場周辺が住宅街になってきて、騒音や蒸気などに対する苦情が寄せられるようになり、それらを解消するためにこちらへ移転しました。また、JRの駅と工場が近いため、交通の便が良いのも大きな要素でしたね。
食品を製造する企業としては、北海道で製造していることがメリットです。本州では北海道ブランドは非常に根強い人気があるんですよ。

きびだんごを包むオブラートにこだわりがあると聞いているのですが。

はい。以前、オブラートの薄さや、オブラートのないきびだんごの開発を北海道立工業技術センターと共同研究していました。オブラートに包む作業は手作業なので、生産効率が悪く、改善したいと考えていました。しかし、オブラートのないきびだんごは、既存の製品と性質が異なるなどの課題が多くあるのが現状です。でも、できる限り早いうちに課題を解決し、事業化したいと思っています。

これからの展望についてお聞かせ下さい。

きびだんごはあまり目立つ製品ではないのですが、消費者から「また食べたい」と言って頂けるような製品を作って、口コミで広げていきたいですね。消費者のニーズに応えて、商品のパッケージを変えたり、入り数を変えたり、また、チョコレートやきな粉、健康ブームで脚光を浴びる、がごめ昆布などの新しい味の製品を作るなどの工夫をしながら、幅広い年代の方々にきびだんごを食べてもらえるようしたいです。

企業基本データ
社名: 株式会社天狗堂宝船
企業所在地: 北海道亀田郡七飯町字中島205番地1
電話: 0138-66-3200
事業内容: 菓子の製造・販売
創業年月日: 昭和28年8月
ホームページ・アドレス
http://www.tengudou.co.jp/

ページトップへ