立地企業ご紹介

Case Studies

株式会社浅井ゲルマニウム研究所

有機又は無機化合物の研究開発並びに製造・販売

代表取締役 志柿 松作
(インタビュー回答:函館業務管理部長 梅田 大介 氏)

01

水溶性ゲルマニウムを世界で初めて創製

まずは、主要製品についてお伺いしたいのですが。

主要製品は、有機ゲルマニウム化合物です。弊社40年の歴史で確立された独自製法による製造管理、および品質管理システムにより、高いレベルでの均一品質製品を製造しています。

函館地域に立地した理由についてお聞かせ下さい。

北海道大学水産学部の教授と、研究面でつながりがあったことや、現在立地している函館臨空工業団地が函館空港から近かったこと、また、北海道や函館市の企業誘致に対する熱意などを感じたので立地を決めました。

函館地域や函館臨空工業団地に立地したメリットはありますか。

函館地域は,東京などの首都圏と比べてゆとりを持った生活ができることがメリットですね。一方で、飛行機を利用すれば東京から1時間程度なのでアクセス面でも便利です。函館臨空工業団地から見る景色がとても綺麗なので、癒されることも多いです。また、弊社は特殊な業種ですので,地場の企業と仕事を通じて交流はないのですが、函館臨空工業団地に立地したことで、団地内の企業とソフトボール大会などを通じて交流できるので、立地して良かったと思っています。

立地の際には何か支援制度を活用しましたか。

はい。北海道や函館市の設備投資等への補助金を活用しました。立地の際には、多額の投資になるので、本当に助かりました。

これからの展望についてお聞かせ下さい。

有機ゲルマニウムは生体内の作用機序に関して、まだ解明されていない部分があり、弊社の研究開発部門では大学の研究機関などとも協力しながら日夜研究を続けています。その未解明な部分を一つ一つ解明し、製品に高い付加価値を付けていきたいと考えています。そして、「水溶性有機ゲルマニウムを世界で初めて創製した」という強みを生かし,取引先を開拓していきたいです。また、北海道にはバイオ系の企業がたくさんありますので、交流する機会を作っていきたいですね。

企業基本データ
社名: 株式会社浅井ゲルマニウム研究所
企業所在地: 北海道函館市鈴蘭丘町3番地131
(函館臨空工業団地)
電話: 0138-32-0032
事業内容: 有機又は無機化合物の研究開発並びに製造・販売
ホームページ・アドレス
http://www.asai-ge.co.jp/

ページトップへ