立地企業ご紹介

Case Studies

株式会社マツモト

海産物加工ならびに販売

インタビュー回答:取締役社長 松本一男 氏

15

昆布の産地から安心・安全な製品を全国の食卓に届けます

まずは、主要製品や販売先についてお伺いしたいのですが。

主要製品は、汐吹き昆布や鰊の甘露煮,昆布巻きなどの昆布加工製品です。弊社では汐吹き昆布を製造していますが、これは北海道内の企業でも珍しいのではないでしょうか。販売先は、大阪の昆布専門問屋や、イトーヨーカ堂、ダイエー等の大手スーパーです。また、大手量販店のプライベートブランド向けの生産部門を設けていて、セブンイレブンにはとろろ昆布(セブンプレミアムの商品)を販売しています。

函館地域に立地した理由は何でしょう。

弊社での道南産昆布の取扱量は、先代の頃からトップでした。それに、もともと土地勘もありましたので、立地するなら函館という考えを持っていました。さらに、北海道の食品は安心・安全というイメージがあったことも理由の1つですね。

人材育成についてお聞かせ下さい。

弊社では社員に対して、職人育成のため、食感等の感覚的な部分を覚えるために、入社後に自社製品をたくさん食べてもらうことにしています。北海道では昆布を食べる習慣があまりないと思いますが、実際に食べると「おいしい」と感じている社員が多いんです。社員には自分たちが作っている製品に愛着と誇りを持ってもらい、新製品・新技術の開発などに繋げて欲しいと考えています。

これからの展望についてお聞かせ下さい。

新製品を開発して、昆布製品の需要を上げていくことです。北海道には昆布を食べる習慣があまりないため、新たなマーケットを開拓していけば、もっと売上を伸ばすことができると考えています。そのためには、昆布の生産量の増加が必要なので、公設試験研究機関と連携して新たな種苗の開発にも取り組みたいですね。新製品開発を函館短期大学付設調理師専門学校と連携して行うのもおもしろいのではないかと考えています。

企業基本データ
社名: 株式会社マツモト
企業所在地: 北海道函館市浅野町5番2号
電話: 0138-43-3275(函館工場)・072-274-1818(大阪本社)
事業内容: 海産物加工ならびに販売
創業年月日: 昭和35年12月
ホームページ・アドレス
http://www.matsumoto-kombu.co.jp/

ページトップへ