立地企業ご紹介

Case Studies

函館タナベ食品株式会社

農水産物の加工ならびに販売

代表取締役 田邉 元久
(インタビュー回答:顧問 新沼 荘司 氏/工場長 入部 太郎一 氏)

07

北海道の素材にこだわり、
函館から「うまいべ!」を発信し続ける

まずは、主要製品や販売先についてお伺いしたいのですが。

主要製品は、明太子、たらこ、いか・ほたて・かにしゅうまいです。これらの製品は全てモンドセレクションを受賞しており、自信を持ってオススメできる製品です。販売先は、函館市内のデパート、函館空港やJR函館駅の土産店で販売しています。その他、北海道物産展などに出展して、全国的にPRしています。

函館地域に立地した理由は何でしょう。

北海道のおいしい素材を利用した商売をしたいと考えていました。そこで、全国的にも知名度が高く、北海道の水産基地としてのイメージが定着している函館に工場を立地することにしました。

函館地域に立地していることのメリットはありますか。

函館は全国でも知名度の高い地域ですから、製品にブランド力を付けられることですね。そのために、会社の住所を「函館市」と表記できるように現在の場所を選んで立地しました。また、気温が低く、水も良質なので、弊社のような水産加工工場には適している地域だと言えますね。

自社のPRポイントについてお聞かせ下さい。

これまでの北海道の加工品は、素材そのものを全面に出した製品が多かった。そこで、弊社はメインとなる素材のおいしさを生かしながら、農産物などを加えておいしさを引き出した製品づくりをしていることです。私たちは、食を通じてお客様に感動と幸せを提供したいと思っているんです。

これからの展望についてお聞かせ下さい。

北海道産の素材にこだわり、手作りで誰からも愛される製品を作っていきたいと思っています。北海道ならではの農畜産物と水産物を組み合わせて、何か新製品を作ってみたいですね。

企業基本データ
社名: 函館タナベ食品株式会社
企業所在地: 北海道函館市桔梗5-28-17
電話: 0138-47-2323
事業内容: 農水産物の加工ならびに販売
創業年月日: 平成16年8月
ホームページ・アドレス
http://www.hakodate-tanabe.com/

ページトップへ