立地企業ご紹介

Case Studies

株式会社タイヨー製作所

水産物を中心とした食品加工用機械の企画、設計、開発、販売

インタビュー回答:代表取締役社長 丸山 量 氏

06

「創意」「工夫」「研究」を重ね
 ユーザーの声を大切にした製品をつくり続ける

まずは、業務の概要について教えて頂きたいのですが。

水産・農産・畜産などの食品加工機械のトータルエンジニアリングです。昭和42年の創業当初から、水産加工機械の開発を行ってきましたが、近年は、その技術開発で培ったノウハウを生かし、食品加工全般に関する設備機械の研究・開発・製作・販売を行っています。代表的な機械は、イカやサケおよびホタテの加工ラインで、最近では魚卵加工の機械が売れてきています。製品が大量に販売できる市場ではないので、お客様のニーズに合った製品の開発に力を入れて、競合企業に負けないようにしています。

製品の出荷先について教えてください。

約半分が北海道に、そして、約15~20%が東南アジア、ロシア、アメリカ、カナダ、チリなど海外へ出荷しています。海外ではサケの加工機械の需要が高いです。

海外にも製品を出荷しているとのことですが、模倣などへの対策は。

最近、海外で売れている魚卵加工の機械は、国内に続き、米国特許を取得しています。特許などの知的財産は、維持するのにコストがかかるものなので、取捨選択して、有意義に活用するようにしています。

最近開発した製品があるとお聞きしたのですが。

はい。高温の水蒸気で調理する業務用調理器の「アクアクッカー」という製品を開発しました。昨年の4月から販売を開始しています。すでに、大阪や鹿児島の企業には試験的に納入しています。また、学校法人香川栄養学園女子栄養大学や(独)農研機構・食品総合研究所などと、アクアガスコンソーシアムを構成して、このアクアクッカーの有効な活用方法を研究しています。また、平成20年度「北海道新技術新製品開発賞ものづくり部門大賞」、「日本缶詰協会技術賞」を受賞しました。

タイヨー製作所の強みは何でしょう。

常にユーザーの声を聞き、「創意」、「工夫」、「研究」を重ねて、ニーズにあった製品を開発していることが強みですね。

企業基本データ
社名: 株式会社タイヨー製作所
企業所在地: 北海道北斗市清水川226-10
電話: 0138-77-1001
事業内容: 水産物を中心とした食品加工用機械の企画、設計、開発、製造、販売
創業年月日: 昭和42年4月1日
ホームページ・アドレス
http://www.taiyo-seisakusho.co.jp/

ページトップへ